福祉心理学科

カリキュラム・主な授業紹介

こころと福祉に精通する
人材を育成する

福祉心理学科では、深く広く心理学を学ぶとともに、幅広い福祉や児童についての技能や知識を身につけ、福祉や教育、子育て支援の現場で求められる実践力や、カウンセリング力などを高めていきます。

カリキュラム

社会福祉科目
  • 現代社会と福祉A・B
  • 社会理論と社会システム
  • 心理学理論と心理的支援
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職A・B
  • 相談援助の理論と方法A~D
  • 地域福祉の理論と方法A・B
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 社会保障A・B
  • 高齢者福祉サービス
  • 介護福祉
  • 障害者福祉サービス
  • 児童・家庭福祉サービス
  • 生活保護
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 更生保護と就労支援
  • 相談援助演習A~E
  • 相談援助実習指導A~C
  • 相談援助実習
  • 少子化社会と社会福祉
  • 子ども家庭福祉
  • 日本近代福祉史
  • 児童思春期精神保健
  • 小児保健A・B
  • 子どもと食生活A・B
  • 福祉対話技法A~D
  • 障害支援技術論
  • ケアマネジメント論A・B
  • 社会福祉総合演習
心理科目
  • 心理学概論A・B
  • 心理統計学A・B
  • 心理学基礎実験A・B
  • 心理学研究演習A・B
  • 乳幼児心理学
  • 生涯発達心理学A・B
  • 高齢者福祉心理学
  • 認知心理学
  • 性格心理学
  • 臨床心理学A・B
  • 教育心理学
  • 産業心理学
  • 社会心理学A・B
  • 学習心理学
  • カウンセリング演習
  • 心理検査演習A・B
  • 福祉心理学
  • 障害児者心理学
  • 児童福祉心理学
精神保健科目
  • 精神保健の課題と支援A・B
  • 精神疾患とその治療A・B
  • 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎・専門)
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開IA・IB・ⅡA・ⅡB
  • 精神保健に関する制度とサービスA・B
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 精神保健福祉援助演習I・ⅡA・ⅡB
  • 精神保健福祉援助実習指導A~C
  • 精神保健福祉援助実習
卒業研究
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

主な授業紹介

現代社会と福祉

現代社会の問題、福祉制度の発展過程、理念と意義等について、日常的な生活の営みの中から考え、理解することを目的としています。日本だけでなく、海外の福祉についても学ぶので、その比較がおもしろく感じられるとともに、日本の福祉のメリットや強化すべき点が見えてきます。

児童・家庭福祉サービス

児童がいる家庭の様々な状況や問題、具体的な援助方法を学びます。児童家庭福祉の内容を理解し、望ましい支援のあり方を考えられるようにするとともに、社会福祉士の国家試験に対応できる力量も養います。

障がい児者心理学

障がいとは何かについて理解し、その生き方、支援の姿勢について考えます。障がいがある方々と接する際に必要な配慮や支援について理解することはもちろん、障がい理解を通して自分自身を見つめる作業を講義の中で行っていきます。

 

学科の特長・学べるコース・分野・就職先・取得できる資格

ページの先頭へ