0807_01

0807_02

0807_04

0807_05

0807_06

大変だけど、やりがいも大きい毎日

櫻井/
小野田さんは、しずふくを卒業されて9年目ですよね。
小野田/
はい。入職後、介護職を経て相談員という仕事を担当しています。現在は係長として、ケアプランの作成や契約・請求業務、スタッフのマネジメント業務などを任されています。櫻井さんは3年目?
櫻井/
そうです。入職してから介護職として利用者様の生活支援を行っています。最近、利用者様の表情や言葉から小さな変化に気づけるようになり、1人ひとりに合わせた介助が自分もできるようになったかな、と。
小野田/
私も経験を積んで、利用者様の現状だけでなく、将来やご本人を支える家族のことも考えられるようになりました。サービスを進めるうえでも、今困っていることだけでなく、その方の1年後の姿も想像しながら取り組めるようになりましたね。

大学時代の自分を振り返って

小野田/
大学時代は、大学祭実行委員をやっていました。先輩や後輩と協力して進める作業はとても楽しかったです。今でも、当時の委員会のメンバーとは交流があるんですよ。
櫻井/
しずふくは、勉強にも取り組みやすい雰囲気でした。先生方も優しいし、学生も明るくて元気な人が多い。同じ目標に向かってみんな頑張っていますので、自分の意欲も高まって、みんなでワイワイしながら楽しい学生生活を送っていました。

福祉分野をめざすみなさんへ

小野田/
しずふくは、卒業後も福祉を通してのつながりがあることが良さであり魅力だと思います。同じような仕事に就いている友だちも多く、悩みも共通しているので、いろいろと相談に乗ったり、乗ってもらったりしています。
櫻井/
在学中だけでなく、卒業後のつながりができることも大きいですね。
小野田/
福祉について専門的に学べることはもちろん、きっと一生の宝となる友だちや先生にも出会えます!学びの面でも大学全体で協力してくださり、知りたいこと、やりたいこと、つまずいたことも全力で受けとめてくれます。
櫻井/
在学中は、私も大学に行くことが楽しみでした。みなさんも入学したら、たくさん勉強して、たくさん遊んで、充実したキャンパスライフを送ってください!

0807_07

0807_08

現在、家庭や学校で育成指導が難しくなった児童などに対して支援を行う児童自立支援施設で勤務しています。私は社会福祉士として、寮生活をする子どもたちと日常生活を共にしながら生活指導を担当しています。最初は反抗的だった子が次第に心を開いてくれるなど、子どもの変化や成長を実感できることが、この仕事の大きなやりがいです。
学生時代は、国家試験に向けて朝から夜まで猛勉強していたことが特に印象に残っています。しずふくは国家試験はもちろん資格取得から就職まで、親身になってサポートしてもらえるところが大きな強みだと思います。

0807_09

0807_10

障がい者支援施設で、午前中は成人の利用者様とパンの製造を行っています。午後は放課後等デイサービスで、児童の学校・自宅への送迎や散歩、おやつ、排泄支援などを担当しています。この2年間はあっという間で、毎日楽しく過ごすことができました。しずふくは、専門分野の学びを通して、将来の進路を見つけられる環境が整っています。授業でわからないことがあっても先生にすぐに聞けたり、資格取得に向けて個別指導していただけたり、学生と先生との距離が近いことが魅力です。

0807_11

0807_12

現在、主に障害者総合支援法に関するサービスの支給決定や支払い事務を担当のほか、障がい者およびそのご家族の相談などのケースワークも行っています。学生時代、私は社会福祉士と保育士になるための実習に計5回参加しました。実習を通してさまざまな施設で多くの利用者様と関わった経験は、今の仕事でもとても役立っています。しずふくは、学びたいという意欲にしっかり応えてもらえる大学です。ぜひ入学して、さまざまなことに積極的に挑戦してほしいと思います。

0807_13

0807_14

0807_15

現在、相談員として外来・入院患者様やご家族への対応のほか、精神保健福祉士が行える精神科訪問看護も行っています。入職当初と比べると、今は患者様やご家族の相談についても個々に合わせて対応できるようになったと思います。
学生時代で特に印象に残っていることは、国家試験に向けての勉強です。先生の研究室に集まり、仲間と励まし合いながら頑張りました。私はしずふくで「夢」と一生涯の仲間、恩師、国家資格、そして「やりたい仕事」を手にすることができました。あなたもぜひ、しずふくで夢を叶えてください。

0807_16

0807_17

診療情報管理士として、診療ファイルの確認や電子カルテシステムでの文書作成などを担当しています。大学3年次には、現在の職場で実習をさせていただきました。実習中は医療従事者にとって「患者さん第一」の姿勢が大切であることや、医療機関で働くうえでのモラルやマナーを学ぶことができました。診療情報管理士という職業はあまり聞き慣れないかもしれませんが、病院には必要不可欠な存在です。将来、医療機関で働きたいという人は、ぜひ興味を持ってもらいたいと思います。

0807_18

0807_19

0807_20

当社は食品関連の包装資材をはじめ事業のフィールドが幅広く、活躍の場もたくさんあると思ったことから入社を決意しました。現在、アグリ事業部で営業職として、主に農家や農業協同組合へ出荷資材や生産資材、機械などの販売・納品を担当しています。農家の方は高齢者が多いこともあり、学生時代の介護実習で高齢者との接し方などを学んだ経験が、今の仕事にも役立っています。またボランティア経験などを通して培った福祉の心は、どんな仕事でも活かされると実感しています。

0807_21

ページの先頭へ