診療情報管理士

診療情報管理士とは

病院内の診療記録(カルテなど)を整理し、必要に応じて迅速に提供・対応できるように管理するための資格です。診療記録の情報から、病気や診療統計をまとめ、国に提出するデータの作成や研究のための資料作成などもおこないます。 総合病院などの大規模な病院では、専門職として複数名が勤務しています。

診療情報管理士のお仕事紹介

Step1情報を集める
患者さんが退院した後、病棟からカルテや看護記録などの入院時の情報を集めます。
Step2情報が正しいか確かめる
足りない書類はないか、病名や治療法の記録に誤りがないかをしっかり確認。
誤りがある場合は、医師に訂正を依頼することもあります。
Step3情報をグループ分けする
病名や医療行為に国際的な名前をつけ、患者さんの病気を分類分けします。
こうすることで今後の統計処理に役立ちます。
Step4管理して保管する
いつでも情報をスムーズに提供できるように、ルールを守って保管します。
Step5資料を患者さんに見せられるようにする
患者さんから病気や治療法について問い合わせがあれば、チーム医療の一員として対応します。
患者さんが安心して病気と向かい合う手助けとなります。
Step6統計データを医師や国に提供する
病気や治療法の研究に役立てるため、患者さんに関わる活きたデータを加工し、医療機関や国の研究などに提供します。

診療情報管理士の新たな取り組み

その1病院の収入を決める?!
診療情報管理士は収集してきたデータより、経営に関する資料として月ごとのベッドの利用率、入院患者の状況、外来患者の状況、費用の状況などの資料の作成なども行います。
つまり、病院の経営にも大きく影響を与える仕事を診療情報管理士が担うようになるのです。
その2医療の発展に貢献
診療情報管理士の作成した統計データは国や研究機関などに提供され、病気の現状の把握、新しい病気などの治療方法を考えたり、病気になるのを予防したりするための資料をして活用されています。

診療情報管理士になるためには?

診療情報管理士の受験指定校として認められている大学や専門学校で学ぶことが必要です。

静岡県内では、静岡福祉大学のみが、診療情報管理士認定試験受験指定校となっています。

診療情報管理士に必要なもの

医療の知識と情報管理技術の2つ要素、つまり「医療分野」と「情報分野」の知識・技術が必要とされています。 静岡福祉大学の医療福祉学科では、その2つの分野を学ぶことが可能です。

ページの先頭へ